転勤族の暇な主婦にともだちができません




このサイトは「金なし暇主婦」の私が「一瞬でウハウハ楽しい毎日」を手に入れた極意を紹介しています。まずは最初に絶対ココを読んでください!

変わり映えしない日々、繰り返される毎日。

こうやってずっと何年も時が経って行くのかななんて考えると虚しくなってくる時がありますよね

ほんの少し日常に鮮やかな喜びができればまた違うのに。

何とも言えない気持ちになってしまいます。

そんな時みんなはどうしているのでしょうか?

今日は3名の主婦の方から日頃気になっていることを語ってもらいました。

是非参考にしてみてください、それではどうぞ。

転勤族の妻にともだちができません

転勤族の妻になって15年です。
15年間で5回引越しをしました。
もともと人見知りな性格のせいもあって人付き合いで悩むことが多いです。
こどもが小さいうちは幼稚園などで他のお母さんたちと会う機会が多く仲良くしてくれる人もいました。
しかし、子どもが大きくなるにつれ親が関わる行事も減り、家族以外の人と話すことがあまりありません。
たまにはママ友の会話がしたいと寂しくなります。
参観日に行っても誰も私を知らないと思うと少し怖くなります。皆と仲良くなれるようにPTAの役員になりましたが、今いる地域はPTA活動が盛んではなく、ママ友と言えるような人はできませんでした。
ここに引っ越してから一年経ち、子どもを通して何人か知り合いが出来ましたが、正直まだ寂しい思いはなくなりません。
子どもや夫の方が転勤で大変な思いをしてると考えると家族にも相談出来ません。
パートにでも行けば気が紛れると思いますが夫には家にいてほしいと言われます。
だんだん人と話すのが苦手になってきて、このままでいいのかなと不安です。

ラブラブ夫婦の実態ってどんなの?

主婦である私の「日常の悩み」、それは、夫婦いつまでもラブラブというのはどういう状態の夫婦の事なのかな・・・?という事です。よく「うちは仲が良い」とか「うちはラブラブ」または「うちはラブラブじゃない。」とか「うちは夫婦仲が悪い」と聞きますが、どういう基準で言ってるのかな・・・と。うちは”仲良さそう”と言われますが、全くそう思わないので、基準があれば、ラブラブじゃない解決策が考えつくのかな・・・と・・・。とても難しい問題です。ラブラブとまではいかなくても、仲良い状況を作ろうと、会話をできるだけ試みようと思いますが、夫はケータイ依存症で常に携帯いじっていますし・・・。二人で出かける事もありますが、正直、物凄く面倒くさいという気持ちを押し殺していますし、あんまり楽しくも無いですし。大汗。年齢を重ねてくると、若い頃みたいな感覚で無くなるのは自然で仕方の無い事だと思う一方、ラブラブ夫婦という言葉についつい反応してしています。

家の中に出る不快なコバエは、ごみを溜めないことと、トラップで退治する。

私の日常の悩みは、家の中にたまに出現するコバエを退治することです。もともと虫自体が好きではないのですが、コバエは不衛生な感じがして大嫌いです。1匹見かけると、イライラしてしまいます。すぐに退治するようにしてはいますが、中に素早い個体がいてなかなか退治できなかったり…。あとは2匹繋がって飛んでいたり(交尾中?)…。かなり殺意がわきます。窓は1日1回くらいしか開けません。洗濯物も年中部屋干しです。人には気にしすぎだよとよく言われます。対策は、とにかく1匹みかけたらすぐ退治するということです。ゴミは夜中でも捨てに行きます。(マンションのごみ捨て場はいつでも捨てて良い)そして、流し場はハイター漬けします。テーブルもさっと泡ハイターで拭きます。あとは、トラップをしかけます。めんつゆトラップが有名ですが、私はコーヒーをしかけます。たまたま、コーヒーの飲みかけを置いておいたら中で死んでいるのを見かけので、いいかなと思ってしかけています。最近はワンプッシュでコバエが死ぬというスプレーがあると聞いて買おうと思っています。

まとめ

さていかがでしたか?

毎日繰り返し同じことばかりでは飽き飽きしてきますね。

そんな中で完全無料で ワクワクするような楽しい事が舞い込む・・・。

これは知ってしまった人たちだけの特権と言えますね。

あなたは是非 楽しい毎日を送ってくださいね。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントは受け付けていません。